「中秋の名月」十五夜から生まれた日本独自の風習って!?

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

10月4日の月は「中秋の名月」。この日は別名 “十五夜” とも呼ばれ、古くから月を愛でる習わしが伝わります。十五夜から生まれた日本独自の風習って!?

中秋の名月=満月。ではない

秋の澄んだ空気の中、見上げればそこには美しい満月が…

というのが十五夜のイメージですが、中秋の名月は必ずしも満月ではなく、今年の満月は2日後の10月6日。

中秋の名月は、平安時代に中国から伝わったとされており、旧暦8月15日に行われていた秋を祝う行事がルーツ。

本来が月を愛でるだけが目的の行事ではないため、月の満ち欠けに関わらず旧暦8月15日がその日とされているそうです。
参照元:国立天文台 中秋の名月

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。