「中秋の名月」十五夜から生まれた日本独自の風習って!?

10月4日の月は「中秋の名月」。この日は別名 “十五夜” とも呼ばれ、古くから月を愛でる習わしが伝わります。十五夜から生まれた日本独自の風習って!?

中秋の名月=満月。ではない

秋の澄んだ空気の中、見上げればそこには美しい満月が…

というのが十五夜のイメージですが、中秋の名月は必ずしも満月ではなく、今年の満月は2日後の10月6日。

中秋の名月は、平安時代に中国から伝わったとされており、旧暦8月15日に行われていた秋を祝う行事がルーツ。

本来が月を愛でるだけが目的の行事ではないため、月の満ち欠けに関わらず旧暦8月15日がその日とされているそうです。
参照元:国立天文台 中秋の名月

続きを読む
1 / 2
PR for こゆ財団
移住×新規事業メンバー募集!
2017年の『月刊ソトコト10月号」の表紙・特集にも掲載された宮崎県の地域商社で、アグリテック・農業を軸とした「10の新規事業」の統括ディレクター/コアメンバーを東京から募集中!

関連記事一覧