ふるさと納税で、富士見市が宮城県東松島市を復興支援

MACHI LOG - 宮城


MACHI LOG 東北編集長

shutterstock_131673146

ふるさと納税で、復興支援。

地域の魅力を伝えるため、全国各地で展開されている「ふるさと納税」。それは、特定の地域内に留まらず、自治体間の連携にも繋がっています。

ふるさと納税で、富士見市が宮城県東松島市を復興支援

shutterstock_394282573

埼玉県富士見市は、東日本大震災で被災した宮城県東松島市の復興支援を「ふるさと納税」を通じて実現しようとしています。

富士見市は、東日本大震災で被災した宮城県東松島市の特産品六品を、ふるさと納税の謝礼品に追加した。富士見市は復興支援を通じて東松島市と官民で交流があり、二〇一二年には災害時相互支援協定を結んでいる。

□出典:東京新聞 TOKYO Web

以前ご紹介した熊本地震の事例の「納税代行」ではなく、謝礼品によって特産品PRに繋げようという試みです。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!