ひな祭りの原型!佐賀県佐嘉神社の「流し雛」

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

shutterstock_253452160

3月3日は、ひな祭り。

ひな人形を飾り、家族で楽しんだ方も多いのではないでしょうか。

ひな祭りの原型とされる「流し雛(びな)」という神事をご存知ですか。

健康・家内安全を祈る

shutterstock_333238961

「流し雛」の神事は、「雛流し」ともいわれ、祓い人形と同様に身の穢れを水に流して清める意味があると言われています。

『源氏物語』に出てくるほど、その歴史は古くからあります。

佐嘉神社では毎年行われており、願い事を書いたひな人形を小舟にのせ、子どもの健康や家内安全を祈りました。

120人ほどの見物客で賑わう中、約300体のひな人形を載せた3隻の小舟が流されました。

町をあげてPR

佐賀県は、「流し雛」を含めて、佐賀の春の風物詩「佐賀城下 ひなまつり」と題しPRを行っています。

骨董市や盆栽位置も開催され、ひなまつりを盛り上げています。

古くからの伝統文化を守るという意味でも、大事な取り組みといえそうです。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!