• HOME
  • 移住
  • 高知県
  • ご当地怪獣で地方創生!高知県土佐清水市のご怪獣は”サバサバラー”だ!

ご当地怪獣で地方創生!高知県土佐清水市のご怪獣は”サバサバラー”だ!

shutterstock_272017388

「ご当地怪獣」をご存知ですか。

高知県土佐清水市にも、ご当地怪獣が存在します。

その名もサバサバラー。

強そう?!

モチーフは特産品

kaizyuimage by gotouchikaiju.com

形のモチーフは、土佐清水市の名産である清水サバや、竜串海岸の奇岩です。

サバサバラーの必殺技は、尻尾串刺し。

そして、弱点は醤油!(体にしみるからだそうです)

本格的なキャラ作りですね!

他の地域には、

・新潟県魚沼市の、ドキラ(縄文土器がモチーフ)

・秋田県仙北氏の、タマグラー(玉川温泉がモチーフ)

など、怪獣映画にでてきそうな名前がズラリ。

気になる全キャラクターはこちらからご覧いただけます。

全52体が登場済!

このご当地怪獣の企画は、広告代理店「第一通信社」で、全国で52体を創作しています。

ご当地怪獣を活用した、地域創生を目指しています。

1月24日には、怪獣で地域の魅力を発信することを宣言する「ご当地怪獣サミット」が開催され、ご当地怪獣が住み着いている地域の市長らが参加しました。

これからの、怪獣たちの活躍に期待が高まります。

PA183821寄稿者: 川村真由美
「食」を中心とした地域おこし企画の立案や、企業コンサルティングを行う。笑顔と情熱でプロジェクトを盛り上げるムードメーカー。高知が大好き。

関連記事一覧