柿の種が18.36m飛んだ!鳥取県のユニークな大会とは?

shutterstock_133908392

鳥取県の南部町は「富有柿の里」として知られていることをご存知ですか?

南部町では、「柿の種」を使ったユニークな大会が毎回実施されています。

全国から600人が参加する人気大会!

11月23日に開催されたこの大会の正式名称は、「第27回 全国柿の種吹きとばし大会」です。

その内容はシンプルで、南部町特産の富有柿を味わって食べ、その種を吹き飛ばし、飛距離を争うというもの。

メンズ部門、レディース部門、親子部門、グループ部門があります。

今年は、全国から600人が集まり実施されました。

上半身を反らせながら吹き出したり、ジャンプしたりと、参加者が工夫を凝らして、種を力いっぱい飛ばしました。

そんな中、メンズ部門では、飛距離「18.36m」という大会新記録が誕生!

メンズ部門、レディース部門の優勝者にはハワイ旅行が贈られるとあって、熱気のこもった大会となったようです。

南部町の富有柿は一級品

shutterstock_115969828

富有柿は、甘柿の品種の一種です。

甘みが強く、肉厚で、果肉が柔らかく、大粒なのが特徴。

西日本各地で栽培されており、甘柿の中では最も生産量が多い柿になります。

南部町の富有柿は、「濃い甘さ」を特徴としていることに加え、色・つやも素晴らしいと評価されており、贈答用に全国から注文がくるほどなのだとか。

誰もが一度はしたことがあるであろう、「種飛ばし」。

腕を磨いて、来年参戦してみてはいかがでしょうか。

アクセス

鳥取県西伯郡南部町[Google Map]

PR for こゆ財団(宮崎県)
地方×求人:地域の未来を創る起業家10名・10事業を募集!
世界一チャレンジしやすいまち
宮崎に移住して、
地方の課題を解決する。
10のプロジェクトで、
10人の起業家を募集中!

関連記事一覧