東京都世田谷区で2年に1度の参加型イベント「二子玉川アートデポ 2015」が開催!

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

shutterstock_159444323

二子玉川の街をアートギャラリーに変える「街角芸術祭」として2012年から開催されている「二子玉川ビエンナーレ」をご存知でしょうか。

年々規模は大きくなり、前回は5万人が訪れるイベントとなりました。

そんな「二子玉川ビエンナーレ」を手掛けるスタッフが手掛ける、2年に1度の参加型アートイベント「二子玉川アートデポ」が開催予定です。

二子玉川アートデポって何?

zouimage by futakotamagawabiennale.com

二子玉川アートデポの「デポ」という言葉に込められているのは、「”アート作品の制作過程の面白さ”を見て欲しい」という思いだそうです。

アーティストと一緒に、何かを完成させていくことができるという試みです。

今回のテーマは、「SOUND OF MUSIC 音楽に出会う旅」。

来場者の方が本の世界に入って、”音楽の物語”を旅することができるのだといいます。

国内外のアーティスト28名が参加し、作品展示はもちろんのこと、ライブペインティングなどのパフォーマンスを中心に、アート作品制作への参加や、クリエイターによるワークショップなどが行われる予定。

感性と好奇心を刺激する二子玉川アートデポは、子どもはもちろん、大人も存分に楽しめるはず。

この週末は、アートな日々を送りませんか。

開催情報

二子玉川アートデポ 2015
開催日/2015年10月31日(土)・11月1日(日)
開催時間/10:00~17:00
会場/二子玉川ライズ(東京都世田谷区玉川2-21-1)

参照サイト

二子玉川アートデポ 2015[公式HP]

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!