• HOME
  • MACHI LOG
  • 宮崎県
  • 離島の漁業活性化、全国から注目される宮崎・島浦島の漁師と島の新鮮な魚を食べるトークディナー

離島の漁業活性化、全国から注目される宮崎・島浦島の漁師と島の新鮮な魚を食べるトークディナー

PR for 島浦島(島野浦)

宮崎県の県北に位置する延岡市に、約900人が暮らす離島「島浦島(島野浦)」。

地域の主な産業は漁業・魚の加工業で、江戸時代には、参勤交代の寄港地であったことから、人が行き交い、物資や情報が潤沢に集まる要所として栄えました。

しかし現在、島の高齢化や漁業の担い手不足が課題となり、日本全国にある多くの離島と同様に、島浦の人たちも危機感を抱いています。そんな現状を受け、20代~40代前半の漁業や養殖業の後継者世代が、地域を元気にしようと動き出し始めています。

離島の若手漁師と一緒に食べる×学ぶ×語る

宮崎県・島浦島には、島の活性化を目指し、チャレンジを続ける漁業や養殖業の後継者たちがいます。

島の美味しい魚を通じて島の魅力を届けるため、一人ひとりが生産者として、「島浦町漁業後継者」というチームとして、積極的に質の向上と情報発信を行い、大手居酒屋や大手回転寿司チェーンからも、メニュー食材として採用され、全国から注目を集めています。

2018年3月、そのような活動の一環として、宮崎市内のレストラン「ラディッシュセブン『まんまーる』」と連携し、島の新鮮な魚介を活かしたフルコースを食べ、島の漁師たちと語れるイベント「島浦バル」が開催されました。

50名分の予約完売、島浦バル

第1回目の島浦バルは、早々に50名分の予約が完売。島の漁師の皆さんをゲストに、みんなで楽しく語り合いながら、新鮮な島浦の魚介を使ったフルコースディナーを味わいました。

料理を食べながら、漁師や漁業関係者の話を聞いて、離島の現状や漁師の仕事や想い、島の魚介の魅力やこだわりなどを知ることができました。目の前の料理が、より一層美味しく感じます。

島浦の新鮮魚介のフルコースディナー

島の新鮮な魚介を使ったフルコースディナーは、絶品。当日提供された料理の一部をご紹介します。

まずは、島の食材を使った前菜。メジナとワカメのフィレオフィッシュ、島浦名物「あげみ」、鯖のマリネ、海藻のフォカッチャ。序盤から、各テーブルで美味しいという声が聞こえてきました。

こちらは、島浦の桜鯛の塩ティラディート。若手養殖業者の木下さんのこだわりの鯛です。
(インタビュー記事はこちら

「甘い。こんな鯛、食べたことがない。」「今まで食べた鯛の中で一番美味しい。」と、鯛の美味しさは、参加した多くの方から絶賛されました。本当にこだわって作られている、極上の鯛です。

つみれスープ、野菜のニョッキと続いて、メインは、熟成島浦カンパチの低温ローストです。こちらは、若手養殖業者の結城さんのこだわりのカンパチです。
(インタビュー記事はこちら

会場のあちこちで、美味しいという声が聞こえてきました。

その後、島浦おじや・ヒオウギガイの炭火焼、デザートとフルコースは続きました。

食事をしながら、積極的に島の漁師さんと参加者が交流しており、生産者と消費者が身近で話をしながら、楽しく学び、美味しい魚を食べられる貴重な機会になりました。

島浦の魚は、美味しい。イベント第2弾も開催!

島の漁業や養殖業の後継者たちは、多くの人たちに島を知ってもらい、島を好きになってもらい、「島浦の魚は、美味しい。」と、1人でも多くの人から言ってもらえるよう、魚の質を高め、その魅力を伝え続けています。

ラディッシュセブンのオーナーシェフ・店長の佐藤さんは、次のように語ります。

大きな湾、小さな湾を抜け、海上の養殖生け簀へ行くと、島浦では豊富な魚種の魚がピチピチと跳ね回っています。漁師さんの見事な操船技術と現場ならではの魚の知識を伺いながら、ここで育てられている魚の価値を身を以て感じることができました。

漁師さんの日々の暮らしや仕事、見るもの、聞くもの、食べるもの全てが観光資源になりえると思います。

素材を加工することしかできない僕らに島の知識を教えてくれて新たな発見をさせてくれて、肌で魅力を感じさせてくれた島浦町の皆様に感謝をしております。

今後も四季で移り変わる海の幸を使って、島浦の方々と一緒に島とお魚の魅力を伝える取り組みのお手伝いができたらなあと思います。

漁師と一緒に食べる×学ぶ×語る、第2弾開催!

漁師と一緒に食べる×学ぶ×語る、第2弾イベントが開催されます。

今回は、島浦の新鮮な魚介を活かした豪華・ディナーバイキング。目の前でシェフが出来立て、切りたて、焼きたてを提供する予定です。飲み放題で、お一人様5,000円(税込)で、先着50名。

予約必須。気になる方は、お早めにお申し込みください。

イベント概要・予約について

□日時:2018年6月28日(木)
    19:00▶︎21:00(開場18:30)
□場所:ラディッシュセブン「まんまーる」
(宮崎県宮崎市橘通東4−8−1 カリーノ宮崎B1F)
□定員:先着50名様
□料金:お一人様5,000円(税込)
□形式:バイキング・飲み放題

【参加方法】
お電話でご予約ください。「島浦イベント」とお伝えください。
TEL:0985-78-0077
電話受付:ラディッシュセブン
(営業時間:全日11:30~14:30・月曜以外17:30~22:00)

PR for こゆ財団
移住×新規事業メンバー募集!
2017年の『月刊ソトコト10月号」の表紙・特集にも掲載された宮崎県の地域商社で、アグリテック・農業を軸とした「10の新規事業」の統括ディレクター/コアメンバーを東京から募集中!

関連記事一覧