国内に111個ある活火山。一番新しい活火山は?

2018年1月23日に起きた草津白根山の噴火を受け、火山活動への関心が集まっています。

日本列島全体が、火山の活動期に入っていると言われる中で、この山は大丈夫なのかと、つい不安になってしまいます。

活火山とは何なのか?

そもそも活火山とは何なのでしょうか。煙がモクモク吹き出している山が活火山のイメージがあるかもしれませんが、実は違います。

驚くべきことに、

概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山

が「活火山」なのです。

つまり、現在はまったく噴火しそうにない山も、過去1万年以内に噴火した痕跡があれば、活火山となるわけです。

そして現在日本には、そんな活火山に分類される火山が、111個存在しています。

2017年6月に認定された男体山

最も新しく追加された火山が、栃木県の男体山です。日光連山を代表する標高2486mの山で、山頂には日光二荒山神社の奥宮があります。

中禅寺湖の北岸にそびえることから、風光明媚なことでも知られ、登山客・観光客で賑わいます。

地質調査など、学術調査の結果、過去1万年以内での噴火が認められたことから、2017年6月に活火山に認定されました。

男体山の最新の姿はこちら

滝も有名で、シーズンになると多くの観光客が訪れるそう。

噴火の兆候がある火山は24時間監視も。情報収集に気をつけて

定義からもわかるように、必ずしも活火山だから噴火の危険性があるわけではありません。

そして安心してください。111の活火山のうち、中長期的に噴火の可能性がある火山については、気象庁が地震計、傾斜計、空振計、GNSS観測装置、監視カメラ等の観測施設を整備し、24時間の常時観測・監視をおこなっています。

つまり大事なのは、こわがり過ぎるのではなく、普段から正しい情報を集めていくことが重要だということですね!

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧