「九州パンケーキ」国内初のフランチャイズ店が佐賀県武雄市こども図書館内にオープン

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

宮崎市内の本店の他、台湾、シンガポールに店舗を展開する「九州パンケーキカフェ」。佐賀県武雄市図書館に隣接して新規オープンするこども図書館内に、新店舗がオープンします。

「九州」 にこだわりぬく理念

九州パンケーキはその名の通り九州生まれの素材だけでつくられたパンケーキ。

原材料には、大分県産小麦をはじめとして、宮崎県綾町で農薬を使わず育てられた合鴨農法の発芽玄米、長崎県雲仙のもちきび、佐賀県の胚芽押し麦、熊本県と福岡県からは稲作の源流である古代米の黒米と赤米、鹿児島県の肥沃な大地で育てられたうるち米、そしてお砂糖は沖縄と鹿児島のさとうきびが使われており、乳化剤や香料、加工澱粉などは一切使用していない安心・安全のパンケーキです。
九州パンケーキ

「九州」にこだわりぬくのは素材だけではなく店舗展開にも。日本国内での店舗展開は九州地区限定という基本理念をもっており、今回は国内初のフランチャイズ店となります。

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。