宮崎県をプロサッカーで盛り上げる!日本で唯一の空白を埋める挑戦!

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

東京オリンピック・パラリンピック開催まで後3年となり、日本各地でスポーツによる地域活性化の機運が高まっています。

中でも、Jリーグは地域とスポーツが融合した成功例として注目されています。

誰も目指さなかったプロの道

Jリーグは、日本一のプロサッカーチームを決めるリーグ戦です。

1993年から始まり、全国でファンを獲得し、サッカー人気と共に急拡大してきました。

宮崎県にはプロクラブがありません

Jリーグには複数の階級があり、全て含めるとほぼ全国すべての地域に根ざすチームが存在しています。

しかしその中で、唯一Jリーグチームが存在せず、目指すチームも存在しなかったのが、宮崎県です。

地域経済を動かす「プロスポーツ」の力

「わが町のJリーグチームを作って欲しい」という声を受けて誕生したのが、J.FC MIYAZAKIです。

と語るのは、代表を務める大西健介さん。

実は、Jリーグチームが誕生することは、地域経済の活性化に繋がります。

各チームにはファンやサポーターなど、通年とおして県外から人を呼び込むことができます。

交通費、飲食、宿泊、お土産等が毎月見込まれ、経済効果や活力など様々な面での相乗効果が期待できるんです。

チーム強化・運営費をクラウドファンディングで募集中

2016シーズンは、地域リーグである九州リーグで優勝し、昇進に王手をかけた

Jリーグ成功の要因は、地域に根ざしたチーム運営により、市民スポーツの機運が高まったことだと言われています。

宮崎県は「スポーツランド宮崎」の名の元に力を入れてプロチームのキャンプ誘致を行い、実績は日本一です。

県内にプロスポーツチームを有することで、スポーツが盛り上がっている宮崎にすることができればと考えています。

現在、J.FC MIYAZAKIの活動費をクラウドファンディングで集めるキャンペーンがスタートし、個人サポーターを募集中。

宮崎県をスポーツで盛り上げるプロジェクトに注目が集まっています。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!