• HOME
  • MACHI LOG
  • 静岡県
  • 「一富士二鷹三茄子」のナス!? 徳川家康が愛し100年以上を経て復活した折戸なす

「一富士二鷹三茄子」のナス!? 徳川家康が愛し100年以上を経て復活した折戸なす

静岡県折戸地区で生産される「折戸なす」。全国のどのなすびよりもインパクトのあるストーリーをもつ折戸なすをまとめました。

初夢に見ると縁起がいい。「一富士二鷹三茄子」のナスは折戸なす!?

正月の2日に見る初夢に見ると縁起が良いとされる諺「一富士二鷹三茄子」。

この諺の誕生には諸説ありますが、江戸時代の国語辞典によると駿河 (現在の静岡県) の名物を順にあげたという説が有力で、一富士二鷹三茄子のあとには「四扇」「五煙草」「六座頭」という言葉が続いています。

このことから、三番目のナスは静岡県折戸地区で生産されている折戸なすであると言われています。

続きを読む
1 / 2
PR for こゆ財団
移住×新規事業メンバー募集!
2017年の『月刊ソトコト10月号」の表紙・特集にも掲載された宮崎県の地域商社で、アグリテック・農業を軸とした「10の新規事業」の統括ディレクター/コアメンバーを東京から募集中!

関連記事一覧