朝7時前から行列のできる、喜多方の朝ラーメン

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

日本人が大好きなラーメン

日本人は、ラーメンが大好きだ。全国各地にご当地ラーメンが存在し、しのぎを削っている。その中で、ラーメンによって、まちおこしに成功した地域がある。

ご当地ラーメンで有名な福島県の喜多方だ。

朝7時から行列のできる、喜多方の朝ラーメン

福島県会津地方の北部に位置する、喜多方市。

喜多方は、札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで「日本三大ラーメン」の1つとして数えられる、喜多方ラーメンの発祥の地。

「朝ラー」という文化

喜多方には、朝にラーメンを食べる「朝ラー」という文化がある。

起源については諸説あるが、地域の経済状況や地域住民のニーズに応える形で、朝からラーメン店がサービスの提供を始めたそうだ。

その結果、人気店では朝7時前からラーメンを食べる人の行列ができるという現象まで起きている。

>> 朝から余裕で食べられる喜多方ラーメンの魅力

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。