• HOME
  • MACHI LOG
  • 長野県
  • 勝率は95%超えで史上最高! 江戸時代の最強力士「雷電為右衛門」に伝わる逸話3選

勝率は95%超えで史上最高! 江戸時代の最強力士「雷電為右衛門」に伝わる逸話3選

江戸時代に活躍した「雷電為右衛門」は相撲界において史上最高の勝率・9割6分2厘を記録した力士。雷電為右衛門に伝わる逸話をまとめてみました。

身長197㎝、体重169㎏、手形25㎝の雷電為右衛門

雷電為右衛門は1767年、現在の長野県東御市に生まれました。

17歳でその才能を見出されて江戸へ向かい、相撲業界に入った雷電為右衛門は江戸で相撲を始めてから約6年後には関脇として初土俵。

その後大関に昇進しています。当時の相撲は東西に一人ずつしか横綱がいない為、雷電為右衛は横綱への昇進はありませんでしたが、45歳で引退するまで16年27場所の長きにわたり活躍を続け、9割6分2厘という史上最高の勝率を上げました。

雷電為右衛門の身長は197㎝。当時の男性の平均身長が157㎝であることからかなり大柄な体型でした。

続きを読む
1 / 2
PR for こゆ財団
移住×新規事業メンバー募集!
2017年の『月刊ソトコト10月号」の表紙・特集にも掲載された宮崎県の地域商社で、アグリテック・農業を軸とした「10の新規事業」の統括ディレクター/コアメンバーを東京から募集中!

関連記事一覧