高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

地方創生で求められる3つのポイント

「地域商社」と「日本版DMO」に共通して言えることは、地域資源でビジネスを生み出し、連携によって成果を出すということだ。

「地域商社」と「日本版DMO」も連携を深めていくことになるだろう。

モノを通じて地域の魅力を知り、実際に地域を訪れて様々な体験をする。そこで、新たな地域の魅力を感じ、地域のファンが生まれる。お土産や体験談で、周囲にその想いが伝播する。

このような循環を生み出すために、3つポイントが重要になる。

1:情報と技術の活用
2:人財の育成と連携
3:地域愛と社会構想

地方でもIoTやAIを活用し、積極的にデータの集積と分析を行い、現場でのサービス生産性の向上につなげることが求められる。

しかし、システムだけでは不十分である。地域とは「人」で形成されており、「人」こそ最強の地域資源である。地域内の人財の育成と連携こそ、最も重要な鍵となる。

最後に、地域の人の「意識」や「幸福論」をどのように捉えるかは、地域づくりにおいて非常に大切なことである。

地域全体のビジョンを描き、共有する。その上で、より多くの人から共感を得て、地域全体が地域づくりに本気で向き合えるかどうかが、地域の未来を決定づけるだろう。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。