ふるさと納税の返礼品に「日本刀」。伝統技能を未来へつなぐ手助けにも

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_396732964

刀鍛冶の歴史で有名な岐阜県関市では11月8日を “イイハ” で「刃物の日」としています。この日には全国から集められた使い古されたり使えなくなった刃物約3万5千本が供養される行事・刃物供養祭も開催されています。

折れず、曲がらず、よく切れる関の刀

関市に刀鍛冶が誕生したのは鎌倉時代。

刀作りに適した環境を備えた関にはその後続々と刀匠が集まり室町時代には300人を超える刀匠がいたそうです。

関の刀は「折れず、曲がらず、よく切れる」と称されて全国に広まり、戦国時代には武田信玄や豊臣秀吉、黒田長政など名だたる武将の間でも愛用されています。
参照元:関市観光協会 関の刃物

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!