「昭和」や「平成」。日本の元号 (年号) で1番多く使われている漢字って?

shutterstock_92327719

日本人にとって1,300年以上も前から日常の中にあった「元号 (年号)」。大化の改新後から現在までの日本の元号の数は250にのぼるそうです。過去の元号を見てみました。

明治時代以前は元号を自由に変更できた!?

明治1年、天皇1代の元号をひとつだけとする「一世一元の制」が定められました。

実はそれ以前の日本では、天皇1代の間に数回元号が変わることも。地震や火事などの厄災を機に元号が変わったり、将軍の死去に伴う変更があったりもしたようです。

1度は削除されてしまった日本の「元号」

敗戦後、日本の元号制はGHQの意向で削除されてしまいます。これは “元号制が天皇を権威として認めることになる” という理由からだったそうです。

敗戦を経て一度削除されてしまった一世一元制ですが、1970年代に各地で運動が起こり1979年「元号法」として制定され、 “元号は政令で定める”、”元号は皇位の継承があった場合に限り改める” という2点が定められました。
参照元:朝日新聞 2016年8月8日の記事

続きを読む
1 / 2
PR for こゆ財団
移住×新規事業メンバー募集!
2017年の『月刊ソトコト10月号」の表紙・特集にも掲載された宮崎県の地域商社で、アグリテック・農業を軸とした「10の新規事業」の統括ディレクター/コアメンバーを東京から募集中!

関連記事一覧