平成28年度 “住民サービス度” で評価された6つの「道の駅」。多様化する道の駅の役割

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_177643211

今年の10月には更に14箇所が追加され、1,107箇所に増えた「道の駅」。道の駅にはその機能に応じて「重点 道の駅」や「全国モデル 道の駅」が選定されていますが、平成28年度の「特定テーマ型モデル」として6駅が新たに選定されました。

関連記事:全国に1093カ所ある「道の駅」。道の駅が果たす地方創生の役割とは?

「特定テーマ型モデル」の道の駅って?

全国の道の駅の質を向上させる取組みとして、国土交通相は「特定テーマ型モデル」の道の駅を募集。今回対象となった特定テーマは “住民サービス”

審議の結果、全国から6駅が選定されました。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!