地域に根ざす年商3億年の道の駅!農業で「稼ぐ」

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

20160914-dsc_0523

「ふるさとを、もう一つ創ろう」をコンセプトに掲げた「第二ふるさと大学」が始まっています。

「食」と「農」をテーマにした連続講座であり、「講座と農業体験を通じて、地域の魅力を発見する時間」です。

有機農業の町から、道の駅の店長が登場

今回の講座のタイトルは、「年商3億円の直売所の現場から」。

有機農業発祥の地として知られる宮崎県綾町にある直売所「綾手作りほんものセンター」の店長梶山剛さんをゲストに、2時間の講座が行われました。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!