特定の地域をターゲットに移住を呼びかけ。新しい移住促進モデル

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_228487240jiratto / Shutterstock.com

地元の良さをPRし、全国の人を対象に展開される移住促進のプロジェクト。特定の都市からの移住者を募る新たな取組が始まっているようです。

「東京から大阪へ」大阪府が展開する移住促進

shutterstock_382318330

大阪府では、都市部から都市部への移住を促進する「ボケない大阪移住プロジェクト」が始動。

こちらは、東京都を含む、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県の一部を含む東京圏に住む人々を対象とした移住促進プロジェクトで、従来の移住にあるイメージ「都市部から地方へ」を「都市部から都市部」へとし、都市間の移住者の流れをつくるというもの。

毎年約1万人を超える転出超過があり、5年前からは全体の人口も減少傾向にある大阪府。人材不足に悩む大阪府の打開策となるのか、今後も注目です。

人口が増えた都県と減った道府県。5年前と比較してみました
参照元:大阪日日新聞 2016年9月4日の記事

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!