女性の就業率が高い都道府県はどこ!? そこに見られる3つの特徴とは

shutterstock_399544069

内閣府が発表した「地域の経済2016」にまとめられている女性の就業状況を都道府県別に見てみました。

働く女性が多い都道府県、少ない都道府県

shutterstock_275114744

平成27年国勢調査などを基にまとめられたデータによると、2015年の女性 (15歳〜64歳)の労働参加率全国平均は67.1%。30の都道県が平均を上回る結果となりました。

日本で最も女性の労働参加率が高い都道府県となったのは福井県。次いで、富山県、鳥取県、島根県、石川県が続いています。

一方、女性の労働参加率が高い都道府県、ワースト1位となったのは奈良県。その後には兵庫県、大阪府、神奈川県、千葉県が続いています。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧