街のスーパーの挑戦!飛騨高山に新しいものづくり空間「フレッシュラボ」がオープン!

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

PR for フレッシュラボ高山IMG_8134_2

国内有数の観光地として、国内はもとより海外からも観光客が訪れる飛騨高山。

しかし当たり前ですが、高山にも人々の「暮らし」があります。

高山で暮らす人々に向けて、高山に拠点を構える地域密着のスーパーの新しい試みが始まりました。

フレッシュラボ高山から、豊かな食卓を

オープンしたのは、「Fresh Lab. Takayama(フレッシュラボ高山)」。

地域住民の毎日の台所であるスーパーマーケット・エブリ東山店の一角に生まれました。

その狙いとはどのようなものなのでしょうか。

スーパーマーケットの一角に生まれた新しいスペース

13313878_1079674215436202_1875096353_o

フレッシュラボ高山は、「スーパーマーケットの一角に生まれた、新しいラボ」。

コンセプトは、

より豊かな食卓と一歩先のくらしをみんなでつくる場

です。

3つのキーワード「つくる」「たべる」「まなぶ」

IMG_6660_2

フレッシュラボ高山は、食とものづくりをテーマにした新しいスペースです。

施設内には豊富な調理機器を揃えたキッチンスタジオと、3Dプリンタやレーザーカッターといった、最新のデジタル工作機器を備えた工房が併設されています。

一見、縁遠いように思われる2つの要素がとけ合い、ひとつの空間を形作っています。

フレッシュラボ高山のキーワードは、3つ。

1つ目のキーワードが「つくる」

デジタル工作機器を使った創作や、高山の伝統工芸でもある木工など、ジャンルを横断したものづくり全般を指しています。

2つ目のキーワードが、「たべる」

買ったばかりの新鮮な食材を料理したり、伝承料理の教室や、シェフの本格的なレシピを学べる場となります。

3つのキーワードは、「まなぶ」

料理のレクチャーや、トークイベントなどを通じて、知らないことを楽しく学びます。

テーマをつなぎながら、新しい場を生む

3つのキーワードは、単体だけでなく、掛け合わせることで、さらに広がるを生むようになっています。

毎週の料理教室など、いくつかのプログラムも始まっています。

オープニングイベントには100人以上が参加!

IMG_5711_2

フレッシュラボ高山では、5月21日にオープニングイベントが開催されました。

高山の新しい拠点がオープンするとあって、地元の方々が80名以上集まり、東京からの来場者も20名を超える大型イベントとなりました。

高山のみんなでつくり上げる場

IMG_5533_2

イベントは、フレッシュラボ高山の発起人でもある駿河屋魚一の代表溝際清太郎氏によるプレゼンテーションから始まりました。

フレッシュラボ高山は、「つくる」「たべる」「まなぶ」を通して、高山のみんなで作り上げていく場として、みなさんと一緒に考えながら進めていきたい

と、この場は、みんなで作り上げていく場であることを丁寧に伝えます。

その後、飛騨信用組合の古里圭史氏をゲストに招き、オープニング記念トークとして、「地域から挑戦者を増やすために必要な力」というパネルディスカッションを開催。

高山の良さや、この地で挑戦者が増えている理由を語り合いました。

高山は、応援しあうようなコミュニティの力がある。若い人が戻ってきて、チャレンジしやすい場にしていきたい

との言葉通り、飛騨信用組合は、クラウドファンディングFAAVOの運営や、飛騨高山未来会議の運営、外部講師を招いてのワークショップなどを積極的に行っています。

フレッシュラボ高山は、それ自体も、高山における大きなチャレンジのひとつというわけです。

地域と一緒に、どのように進化していくのに注目が集まります。

盛況の内覧会

IMG_5703_2

その後、内覧会と題し、フレッシュラボ高山の施設をご紹介。

機材の説明や、一見壁に見えるタイル地の壁のそこかしこに埋め込まれた収納の披露などが行われました。

壁に隠された収納が明らかになると参加者の方より、驚きの声が漏れます。

またレーザーカッターなど、最新の設備には、「どんなことができるんだろう」という期待の声が上がりました。

参加者のおひとりは、

私は木工をやっているが、レーザーカッターや、ここにある加工機で、どんなことができるのかを考えています

と嬉しそうにスタッフと語り合っていらっしゃいました。

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

ローカルジャーナリスト。2017年みずからも地方に移住。東京と地方を旅しながら、地方のリアルを伝えるウェブメディアMACHI LOG運営。毎日記事を投稿しています。




PR for 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構

月刊ソトコトの表紙になりました。あなたの「好き」を活かして、地域の課題を解決しませんか?

地域の課題をビジネスで解決する新メンバー募集
月刊ソトコトの表紙を飾った宮崎県新富町は、地域の課題をビジネスで解決するソーシャルビジネスの新天地!あなたのスキルと経験を活かして地域の課題を一緒に解決しませんか?