丸の内朝大学x宮崎綾町(aya100)の地域リブランディングクラスがスタート!

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

20160411-DSC_0562-2

東京のど真ん中、丸の内が朝限定の「大学」に変わります。

2009年春に開講した、朝のビジネスパーソンを対象にした朝活のひとつ。

その名は、丸の内朝大学です。

毎期100人を超える方が、7時15分から8時15分までの1時間「大学生」になります。

そんな丸の内朝大学に、宮崎県綾町をテーマにした「地域リブランディングクラス」が開講しました!

有機農業のまち:宮崎県綾町が丸の内に登場!

img
地域リブランディング綾町クラスでは、宮崎県綾町と東京をつなぐサービス開発を行います。
Webサイトはこちら
こちらが朝大学の紹介文

オーガニックの町として有名な宮崎県綾町。今、綾町では、移住者や新規就労者が増加し、100年後の未来に綾町の魅力を伝えるプロジェクトaya100が活発です。このaya100プロジェクトから行政、民間、NPOで活躍する方をゲスト講師に迎え、地方と東京をつなぐ商品・サービスを開発。地域リブランディングを行います。フィールドワークでは宮崎県綾町に訪問し、現地で農業生産者の方との交流など行います。

100年後に綾町の魅力を伝えるボランティア団体「aya100」


そんな綾町では、行政、民間、NPOが連携し、綾町の魅力を100年後に伝えるプロジェクトである「aya100」がスタートしています。
aya100は、映像や写真で綾町の魅力を見える化し、全国に情報発信やイベントの開催を行っています。
この講義では、「aya100」のメンバーが講師となり、受講生の方々と一緒に東京と綾町を繋げる商品・サービスを開発します。

「発見・磨く・発信」をやりつづけていくのがポイント

DSC_0519

初回の講義では、「aya100」のプロデューサーであり全国各地で地域ブランディングを行うプロデューサーとして活躍するNPO法人まちづくりGIFTの斎藤潤一氏が講義を行いました。

地域ブランディングで大事なことは、地域の魅力を発見し、磨き、発信することです。こう言ってしまうと簡単なようですが、ずっと続けるのが難しい。発見で終わってしまったり、磨いて終わってしまったりも多すぎます。発信まですることをやり続けていくんです。

と語り、初回講義にも関わらず、会場の熱気も最高潮に。

「世界のトップを取れる!」という魅力を発見し、磨き、発信できるかどうかが大事だと、何度も強調されます。

まずはやってみよう!SNSで情報発信!

20160411-DSC_0540

今回、特に強調されていたのは「発信」についてのこと。

「この講義で感じたこと、気付いたことをぜひFacebookなどで発信してください」と語り、積極的なシェアを促します。

まず隣の人に思いを伝えることからスタートです。

講義中も自分の思い入れのある地域の魅力について、隣の人に説明するワークの時間も設けられました。

実践的な地域リブランディングクラス

【丸の内朝大学地域リブランディングクラス~宮崎綾町編スタート!】いよいよ今朝からVegeo Vegecoのスムージー(全部宮崎産の小松菜、日向夏、パパイヤによる)と共にスタートです。ついに「地域で稼ぐ!」人材を作り続ける齋藤 潤一師匠…

氏家 滉一さんの投稿 2016年4月10日

終盤では、綾町の野菜を使ったスムージーが提供され、受講生の多くの方々が写真を撮り、早速情報発信にトライ。

今回の地域リブランディングクラスを通じて、早速東京と綾町がつながり、少しずつ「発信」が始まっています。

今後は、「aya100」のメンバーが続々登場予定。

どんな商品やサービスが生まれるかに期待が高まります。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!