日帰り温泉が日本一!長野県の松本城を巡る旅

shutterstock_244958689

長野県・松本にそびえたつ松本城は、歴史の情緒あふれるパワースポットとして、大きなポイントとなっています。

400年以上も前から存在するお城の圧倒的なスケールは、長野に旅したならば、ぜひ見ておきたい観光スポット。

松本城の魅力と城下町周辺のグルメ・見どころについてご紹介いたします。

松本城周辺の城下町

shutterstock_252592165

松本城へ行く際は、風情あふれる中町通りを散策してみましょう。

この界隈では土蔵が立ち並び、白と黒のコントラストが時代を感じさせる魅力的な通りです。

その道沿いには、複数の井戸があり、「平成の名水百選」に選定されるほどで、観光の際はそのまろやかな水を味わうことができます。

山に囲まれた長野県は地下水が多いことも特徴で、市街地の中にも井戸や湧水が点在しています。

長野の名水によって作られた豆腐や、特に信州みそは長野県の名物で、取り扱うお店も数多く存在します。

信州みそを好む方も多く、店独自の味噌をお土産にするのも喜ばれます。

お城を散策しよう

遥か昔から残る松本城は、松本にたたずむ平城です。

お城の内部は、急な天守内の階段や、工夫の凝らされた装飾、当時の貴重な資料などが入った展示ケースなどが展示されています。

晴れた日には、最上階の天守閣から北アルプスの山々を見ることができ、壮大な景観を堪能することができます。

この松本城の特徴は「戦国」と「泰平」、二つの顔を持ち合わせていることです。

石垣を登る敵兵に石や熱湯落とす石落など、「戦国」の顔を持つ大天守や黒門を見学した後は、戦国時代の後に作られた月見櫓を訪れてみましょう。

「戦国」の様相と違い、太閤を招いたとされるだけあり、その名の通り、月見のために増築された開放的なこの櫓は、「泰平」の雰囲気を楽しむことができます。

夜は見学することはできませんが、日中に訪れても陽がとても差し込み、明るく美しい櫓です。

グルメや温泉も見逃せない

長野県・松本は、先ほどご紹介したように信州みそが有名ですが、信州そばも長野の特産物で有名です。

のど越しがよく、実際にそば打ちの体験ができる店舗もあります。

その他にも信州特有のブランド食品も多く、赤身とさっぱりした脂身が特徴の雪深い小谷村で育った「小谷野豚」、甘くとろとろとした食感の「松本一本ネギ」、肉厚で美味しく身が美しい「信州サーモン」など、豊富なグルメが旅を癒してくれるでしょう。

また、日帰り温泉数が47都道府県中1位の長野県は、温泉を楽しめる施設が数多く営業しています。

多くの効能を持つ温泉に加え、温泉水を使った鍋やおかゆなど、この地方でしか体験できないポイントが目白押し。

壮大なアルプス山脈に囲まれた景色と、物語性を感じることのできる松本城。

周辺にはたくさんの見どころと、豊富なグルメがたくさん存在します。

あなたも松本に旅して、その魅力に触れてみませんか?

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧