40キロの廃棄人参が農家を救う?岐阜県各務原始まった「ジェットニンジン」プロジェクトとは?

FAAVO(MACHI LOGパートナー)


FAAVO(MACHI LOGパートナー)

shutterstock_153332873

スーパーに行けばいつでもカタチの整った野菜が揃っていることに疑問を抱いたことはありますか。

野菜の「規格」が統一されていることで実現されています。

規格があるということは、必然的に「規格外」が生まれるということ。

規格外の野菜がどうなっているかをご存知ですか。

40キロの廃棄ニンジンを救うためにできること

ニンジン_1

岐阜県内きってのニンジンの産地として知られるのが各務原市です。

全国でも珍しい二期作を行っており、「春夏ニンジン」と「冬ニンジン」が出荷されています。

出荷される際には、全てが出荷されるわけではなく、形が悪かったり、股になっていたり、割れているものは規格外として廃棄されます。

その量は、全体の収穫量の4分の1となる30トン〜40トンにもなります。

「味」ではなく、「規格に合わない」という理由だけで廃棄されるニンジンを救おうと、各務原市でニンジン農家を営む林亮輔さんが立ち上がりました。

「ジェットニンジンプロジェクト」が始動

ニンジン_2

規格外のニンジンの一部は加工品に回されますが、その大部分はせっかく立派なニンジンとして育っているにも関わらず廃棄処分となってしまいます。

そこで規格外のニンジンを活用し各務原市の特産品を作ることで、廃棄ニンジンを救おうというのが今回のプロジェクトです。

既に試作品は完成しており、郷土料理であり、人参が入った炊き込みご飯として知られる「金魚めしの素」や「ミートソース」や「ドレッシング」です。

このプロジェクトは、「日の目を見ない規格外の人参たちに広く飛び立っていってほしい」という思いを込めて、ジェットニンジンプロジェクトと名付けられました。

スーパーではできない「農家支援」のかたち

ニンジン_4

各務原市のニンジンは、危機を迎えています。

全盛期に比べ、作付面積は約半分に減少し、農業の後継者も減り、担い手の高齢化にも伴い、存続の危機を迎えているのです。

今回のプロジェクトを通して、「真面目にニンジン生産をしてきたノウハウと恵まれた土地を守り、さらに発展させ、この素晴らしいニンジンを世界に広めていきたい」と林さんはいいます。

今回のプロジェクト費用は、クラウドファンディングで集められています。

5000円を支援すると規格外のニンジンが贈られるため、「ニンジンを買ってニンジンを救うことができる」ともいえるでしょう。

クラウドファンディングという生産者を直接支援できるサービスを活用しているからこそできる、支援のかたちです。

ジェットニンジンプロジェクトを通して、ニンジン加工の新しい産業が生まれ、各務原市のニンジン産業が盛り上がっていくことが期待されます。

クラウドファンディングページはこちら

ニンジン_3
各務原市の廃棄人参を救え!ジェットニンジンプロジェクト発進!![FAAVO]

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!