前年比で2倍以上! 外国人宿泊者数が増えた5県

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_195507533 (1)

観光庁が発表した宿泊旅行統計調査平成27年年間値 (速報) によると、外国人宿泊者数が前年比で2倍以上増えた県が5県ありました。

外国人宿泊者数は過去最高を記録

平成27年の外国人宿泊者数は6,637万人で、調査開始の平成19年と比較するとその数は3倍、調査以来の最高値を記録しました。

外国人宿泊者数が2倍に伸びた5県

外国人宿泊者数が過去最高を記録した中、静岡県、佐賀県、茨城県、三重県、滋賀県の5県は前年比2倍以上の伸びを記録しました。

宿泊者数が多い県・少ない県

外国人宿泊者数が多い県、BEST5は順に東京、大阪、北海道、京都、沖縄。WORST5は島根、福島、秋田、徳島、福井という結果となりました。

外国人も含めた総数で見た場合、BEST5は東京、北海道、大阪、静岡、千葉。WORST5は徳島、奈良、高知、鳥取、佐賀の順に並んでいます。
参照元:観光庁 宿泊旅行統計調査(平成27年12月第2次速報、平成28年1月第1次速報、平成27年・年間値(速報)

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!