紙風船上げや大綱引き、秋田の小正月行事を楽しむ

kamifusen上桧木内の紙風船上げ(仙北市)

みなさん、先日公開した「酒蔵開放」の記事はご覧いただけたでしょうか?

私も実際に天の戸の浅舞酒造の酒蔵開放に行ってきましたが、盛り上がりがすごかったです!貴重な日本酒の試飲はもちろんのこと、お酒が飲めない方でも充分楽しめる工夫がされていましたよ!蔵人からお酒について伺ったり・・・そんなふれあいも酒蔵開放の醍醐味!

まだ見ていない方は、是非チェックしてみてください!さてさて、今回は、冬の秋田の楽しみ方第2弾!

雪だけじゃない!冬の秋田の楽しみ方第2弾:小正月行事

12688005_837238343065428_7353392178220810555_n

秋田には、実に多彩な小正月行事がこの時期各地で開催されます。

雪国秋田らしく雪を使ったもの、冬の夜空に舞い上がるもの、寒さを吹き飛ばす情熱に溢れたものなど見応えのあるものばかりで、どれもが1年間の無病息災や豊作を願う意味が込められています。

一般の方が参加できるものがたくさんあるので、地元の方と一緒に無病息災や豊作の願いを込めてみてはいかがですか?

それでは数ある行事の中で筆者のオススメを日にちの早い順にご紹介〜!ギリギリのものもあるので、思い立ったが吉日、ですよ!笑

日にちも重なっているものもあるので、どちらに行こうか迷いますね〜!

秋田の小正月行事

2/10(水) 上桧木内の紙風船上げ(仙北市)
18:00 一斉打ち上げ

五穀豊穣、家内安全の祈りを込めた大きな紙風船が、冬の夜空に打ち上げられる、幻想的な行事。
車で行く場合は駐車場の確保のために時間に余裕を持って行くこと。
電車の場合は内陸線とJR線の接続する時間を要確認。
□詳細:仙北市HP

2/10(水) 刈和野の大綱引き(大仙市)
21:00頃 引き合い開始

地域を二分して国内最大級の綱を引き合う伝統行事。
雄綱と雌綱の綱合わせが完了し、建元と呼ばれるそれぞれの責任者の最後の一人が「ソラッ」と綱の結び目から飛び降りると、それが引き合いの合図。

静寂の世界が一変、熱気に溢れた大綱引きが始まります。
掛け声は「ジョヤサー、ノー!」
この「ノー!」のときに綱を思いっきり引っ張ってくださいね!
そして建元の方々から「休めー!」の指示があるときはおとなしく引くのを休んで相手が油断するのを待ってくださいね!

時には1時間近くまで繰り広げられるこの綱引き、ただ引っ張るだけじゃないところがまた面白いのです。
□参考:marimari
□詳細:大仙市HP

秋田の小正月行事、次回へ続くー!

doi寄稿者:hiroko
秋田県秋田市出身。県外の旅行会社の営業からUターン。現在は、秋田市と大仙市を拠点に活動中。趣味は旅行。1年ほど前から登山と日本酒にもはまっています。大仙市おもてなしマイスター。

関連記事一覧