大阪・京都・神戸は「110番」ではなく「1110番」!? 110番の歴史

1月10日は「110番の日」。1985年12月に警視庁が制定し翌年から実施されました。110番の生まれた背景や歴史についてまとめてみました。

昭和23年10月1日に誕生した「110番」

shutterstock_222800716

現在の110番制度が始まる前は、被害者→派出所→警察署→府県警察部という順番で通報され手配などが行われていた日本。

電話の中継だけでもかなりの時間がかかることから110番制度が誕生しました。

九州では熊本だけ! 8都市から始まった110番

shutterstock_341114930McFishoPhoto / Shutterstock.com

110番制度が最初に開始されたのは「東京」「横浜」「名古屋」「京都」「大阪」「神戸」の6大都市。そして逓信局のあった札幌市と熊本市の全8都市でした。

関西の都市では「110番」ではなく4桁の「1110番」

shutterstock_82231102

110番制度が開始された当時、大阪、京都、神戸のみ「110番」ではなく4桁の「1110番」が番号として使用されていました。

東京やその他の都市と同じように110番に統一されたのは昭和35年。約12年の間、1110番が使用されていました。

その後、昭和40年代には派出所などにしか設置されていなかった110番受付電話に代わる通報の体制の基盤ができ、現在のシステムへと至りました。
参照元:警察庁 警察の歴史 警察の情報通信システム

関連記事一覧