エフエム秋田、30周年記念。地元アーティスト、全曲描き下ろしのCD発売

shutterstock_223456279TACstock / Shutterstock.com

ラジオは、ここ数年で大きく変わりました。

インターネットでラジオを聞くようになり、その後、スマホのアプリで聞くようになり、昔感じたアナログな印象は少し薄れたように感じます。

秋田にあるローカルラジオ局、エフエム秋田が30周年を迎えます。

エフエム秋田、30周年記念

shutterstock_199821212

ラジオというと、みなさんはどんな思い出や関わりがあるでしょうか?

私自身の経験で言うと、雪が降って自力では通学できないような状況で、親に送迎してもらった際に車から流れてくるラジオが最も印象深いです。

中には、少し大人に近づいた年頃、深夜ラジオを夢中で聞いた方もいるのではないでしょうか?

エフエム秋田、30周年記念CD販売

エフエム秋田は、30周年を記念してCDを発売しました。

今年開局30周年を迎えた同放送局。5月、「ラジオ」がキーワードの未発表曲を地元を拠点に活動するミュージシャンや同局ゆかりのミュージシャンに「ラジオ」がキーワードの未発表曲を公募。プロアマ問わず寄せられた作品中、13曲を収録した。

□出典:秋田経済新聞

CDのタイトルは、「Do You Remember Local’Roll Radio?」。

加藤夏希さんが出演する秋田PR動画でお馴染みの「あんべいいな」を歌う青谷明日香さんの「真夜中のヘッドホン」、福山雅治さんが作詞・作曲をした『Squall』(スコール)を歌って話題となった松本英子さんの「ふつおた」などが収録されています。

実は、今回のような取り組みは非常に珍しいことだそうです。

□ローカルラジオ局がプロデュース
□このCDのために全曲描き下ろし
□地元ゆかりのアーティストが集結

地元のアーティストが作った局だからこそ、地元の人の心に響く部分がたくさんあるかもしれませんね。

みなさんも、是非チェックしてみてください。

Do You Remember Local’Roll Radio?
□販売価格:1,620円
□販売場所:エフエム秋田放送局・CDショップ・県内ローソンなど
※ネットからも注文できます

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧