平安時代の住居の屋根、発見 – 秋田

shutterstock_198289229

秋田県で、歴史的発見がありました。

何と、平安時代の住居を屋根が、立体的な状態で発見されたそうです。

平安時代の住居の屋根、発見

秋田県大舘市の遺跡で、平安時代に起きた十和田火山の大噴火によって、火山灰に埋まった住居の屋根とみられる跡が見つかりました。立体的な屋根の形がそのまま見つかるのは非常に珍しく、当時の住宅の構造を知る貴重な資料として注目されています。

□出典:NHKニュース

今回の発見があったのは、秋田県大館市の片貝家ノ下遺跡。

発見された屋根は、当時の建築物の特徴である「寄せ棟造り」が見てとれ、立体的な状態で残されています。これは、非常に珍しいことだそうです。

大噴火によって積もった火山灰のおかげで、立体的な状態を維持できたと考えられています。

今後の展示が、楽しみですね。

関連記事一覧