長野県小布施町の景観によるまちづくり

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

小布施町のまちづくりの取組みは、常に住民が主体となり、専門家を交え、行政と協働して進められてきました。

現在も、農村振興、産業育成、景観資源や地域資源の発掘・利活用、ワークショップなど、数多くの取組みが行われています。

住民同士が家業を持ちながらも多くの任意団体を結成し、まちづくりの未来に向けて活動している事実は、人口一万二千人の町の規模からしても驚異的といえます。

今回は、小布施の観光名所である北斎館周辺のみならず、実際の栗畑や住居近くでの花の小道などを見学させていただき、地元の方により近い場所でその活動を直接取材することができた。