「なまはげ」を募集中!今年の冬は、秋田で伝統文化を体験

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

main

秋田県にある男鹿(おが)半島地域で受け継がれる、なまはげ行事。

国重要無形民俗文化財にも指定され、秋田県の代名詞にもなっています。

現在、男鹿市観光協会が、毎年12月31日に行われる「男鹿のなまはげ」の体験参加者を一般から募集しています。

秋田で「なまはげ」を募集中

「なまはげ」は、地域の中で代々受け継がれている重要な行事です。

ナマハゲは真山・本山に鎮座する神々の使者と信じられており、年に一度各家庭を巡り、悪事に訓戒を与え、厄災を祓い、豊作・豊漁・吉事をもたらす来訪神として「怠け者はいねが。泣く子はいねが」と練り歩く、古くから伝統を受け継ぐ民俗行事です。

□出典:ナマハゲ | なまはげ館

それ故、これまでは、実際のなまはげ行事で、なまはげに扮するのは地域の人たちでした。

今回初めて、一般から参加者を募集しています。

募集概要

□参加条件:
 行事の趣旨や文化、作法、理念を理解すること
□開催時間:
 12月31日 15時~20時30分
□体験料金:
 ・10,000円(宿泊と2食付き)
 ・6,000円(宿泊・朝食付き)
□申込方法:
 汐瀬(しおせ)旅館
 TEL 0185-27-2711
 ※予約締め切り:12月22日

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。