MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

画像:地域プロデューサー 齋藤潤一氏

「地域ビジネスで世界をより良くする」を使命に、全国でローカルビジネスの創出を実現している、地域プロデューサー 齋藤潤一氏。

有機農業のまち・宮崎県綾市「aya100」プロジェクトで地域商社を運営する若者、宮崎県日向市で特産品「へべす」を全国区にしようと300万円のクラウドファンディングに挑戦する19歳の青年など、齋藤氏の周囲では次々に新しいことへチャレンジする起業家が生まれている。

その手法について、齋藤氏にお話を伺った。

発見・磨く・発信の高速PDCA

□出典:NPO法人まちづくりGIFT

齋藤氏は、地域ビジネスを創出する上で、難しいことは何もしていないという。

齋藤氏
「発見」「磨く」「発信」の高速PDCAを繰り返すだけです。それを成果が出るまで続けます。難しいことではありません。でも、9割の人がやりません。

それぞれのポイントについて伺った。

発見:地域の魅力と課題を見つける

まず、齋藤氏は現地へ行き、徹底的に話を聞く。

現地の人に、地域の「魅力」と「課題」と「未来」について、話を聞いて回る。想像ではなく、きちんと現地の生の声からそれらを聞き出すのだ。

特に、10人ぐらいの地域におけるキーパーソンから話を聞くと、共通項(1つの最大公約数となるキーワード)が出てくる。

そのみんなが課題と考えているキーワードを地域課題として捉え、ビジネスで解決していくことを考えるのだ。

>> 磨く:地域ビジネスのモデルをつくる




ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG 編集部

地方のリアルを伝えるローカルメディアMACHI LOG編集部のアカウントです。
PR for 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構

月刊ソトコトの表紙になりました。あなたの「好き」を活かして、地域の課題を解決しませんか?

地域の課題をビジネスで解決する新メンバー募集
月刊ソトコトの表紙を飾った宮崎県新富町は、地域の課題をビジネスで解決するソーシャルビジネスの新天地!あなたのスキルと経験を活かして地域の課題を一緒に解決しませんか?