東北の祭りを貼れる、ふせん

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

東北の祭りの魅力を伝える。

東北は、豊かな自然から多くの恩恵を受けている地域です。

それ故、東北では、自然や八百万の神に対して感謝と祈りを込めて様々な祭りが生まれ、今も受け継がれています。

そんな東北が誇る祭り・伝統行事が、「ふせん」になりました。

東北の祭りを貼れる、ふせん

青森県「ねぶた祭り」のふせん

青森県青森市のネブタ・スタイル有限責任事業組合は、東北の伝統行事やお祭りをモチーフにした「ふせんするサポーター」と「マスキングテープ」を発売しました。

ネブタ・スタイルは、青森県のねぶた祭りをはじめとする、東北の伝統行事やお祭りを広く伝えるため、高いデザイン性やユニークな発想を求めた商品開発をしています。

「ふせんするサポーター」シリーズは、株式会社平和堂とのコラボレーションにより、東北6県のお祭りの雰囲気を身近に再現することができる、ちょっと楽しい付箋に仕上がっています。

秋田県「秋田竿燈まつり」のふせん

岩手県「盛岡さんさ踊り」のふせん

山形県「山形花笠まつり」のふせん

宮城県「仙台七夕まつり」のふせん

福島県「福島わらじまつり」のふせん

東北の伝統行事やお祭りに参加している「人」をデザインした付箋紙。ノートや手帳に貼って、自分だけのお祭りを再現できます。

こちらの商品は、JR東日本エリアの構内にある「NewDays」「NewDaysKIOSK」「KIOSK」で販売されています。

商品概要

□価格:380円(税別)
□仕様:H135mm×W74mm×D3mm、1体10枚×5体
□種類:全6種類
□発売日:2016年12月26日より順次発売
□販売箇所:東北6県(青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島)のNewDays・NewDaysKIOSK・KIOSK店舗

東北ご当地マスキングテープも発売


 
かわいらしいデザインの「東北ご当地マスキングテープ」も、税別380円で同時発売中です。

プレゼントのラッピング、インテリアや雑貨の装飾など、重ねて貼ったり、組み合わせたり、アイディア次第で様々な「東北の伝統行事やお祭り」のデコレーションが楽しめます。

気になった方は、是非チェックしてみてください。

□プレスリリース提供元:
PR TIMES

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。