東京の伝統工芸を繋ぐ!職人xデザイナーx日本橋三越

5

日本を代表する百貨店のひとつ、日本橋三越本店。

世界のスタイルをリードする旗艦店のひとつである日本橋三越本店で、「ジャパンセンスィズ」という取り組みが始まっています。

テーマは「地域との共創」

keyimage by http://cp.miguide.jp/

「ジャパンセンスィズ」とは、

誇るべき日本の良さを、新しい価値として国内外に発信する

という試み。定期的に開催されています。

今回の日本橋三越本店のテーマは、「地域との共創」。

8つの部門で、瀬戸内・北部九州を中心に、地域とのコラボ商品が展開されています。

企画に込められた想いや、お客さまに感じていただきたいことを、日本橋三越本店の担当者の方にうかがいました。

今の世の中に合わせた商品をつくる

20161023-dsc_0840

「東京手仕事」をご存知ですか。それは、

東京の伝統工芸品を新しく現代に創生し、その魅力を国内外へ発信するプロジェクト

です。

東京の伝統工芸品は40品目選定されており、商品開発から販売までのサポートが行われています。

世の中に文化を広める

日本橋三越本店が担うのは、販売し、世の中に広めていくという役割です。

本館5階に常設ショップが設けられています。

「三越は、越後屋の頃から文化を世の中に出していく姿勢がある」と語るのは、日本橋三越本店の川島さん。

東京の伝統工芸の魅力を伺いました。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧