武士の帯を現代に。博多織の新しい挑戦を日本橋で体験

1

日本を代表する百貨店のひとつ、日本橋三越本店。

世界のスタイルをリードする旗艦店のひとつである日本橋三越本店で、「ジャパンセンスィズ」という取り組みが始まっています。

テーマは「地域との共創」

keyimage by http://cp.miguide.jp/

「ジャパンセンスィズ」とは、

誇るべき日本の良さを、新しい価値として国内外に発信する

という試み。定期的に開催されています。

今回の日本橋三越本店のテーマは、「地域との共創」。

8つの部門で、瀬戸内・北部九州を中心に、地域とのコラボ商品が展開されています。

企画に込められた想いや、お客さまに感じていただきたいことを、日本橋三越本店の担当者の方にうかがいました。

“武士の帯”は現代でもキマる

20161023-dsc_0833

日本に、帯の産地は3つあります。

西陣、桐生、博多。

「西陣は礼装、桐生と博多はおしゃれ帯」と言われています。

今回、呉服商品部門で取り上げるのは、「博多織」。

シンプルで、かっこよく、どんな着物にも合わせやすいという博多織。

その魅力を伺いました。

続きを読む
1 / 2

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧