『竹』の新たな姿を模索する竹職人に迫る!

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

福井に戻ったきっかけ

%e7%ab%b9%e4%b9%8b%e5%8a%a9%e2%91%a0

「自分の地元を盛り上げたい。みんなが笑っていられる地域づくりがしたいと思ったんですよね。」
そうおっしゃるのは、竹之助代表の片岡さんです。

もともと京都の専門学校に進学し、卒業後は銀閣寺の竹垣回収や、清水、伏見稲荷の竹垣改修にも携わった経歴をお持ちの片岡さん。
そんな自分のスキルをいかした地元活性化を目指し、福井県越前市へとUターンされ、2015年には築100年を越えた「古民家」を自らの手で改装した店舗兼工房を完成させ、活動の拠点としていらっしゃいます。

竹のスピーカー(i3booo)がうまれるまで

%e7%ab%b9%e4%b9%8b%e5%8a%a9%e2%91%a1

最初は、京都で竹垣改修を行っていたスキルをいかして、地元に戻った後も竹垣改修(古民家再生)を実施し、福井県で「竹文化」を広めようと活動を開始されていました。
しかし、活動を進める中で、「竹文化が広まりにくい」「古民家再生では生活に窮する」という実情(壁)にぶつかったとおっしゃいます。

「竹文化」を広めるために、発想を転換して取り組んだのが「親しみやすい竹のインテリア」を作るということでした。
その先には、古民家再生から家の中のインテリアまで「竹」で空間デザインを行うという展望があるといいます。

その第一歩として、力を入れるのが「i3booo」という竹のスピーカー。
片岡さん自身が体感する、「昔ほど大好きな音楽を部屋で聞く機会が少なくなった」という現状を変えるために、「音楽を気軽に自由に楽しめる」をコンセプトにうみだされたのが「i3booo」です。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。