「島と琵琶湖の形が似ている! その理由は…」で話題の淡路島は世界で最初に生まれた島

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_186739526

琵琶湖をひっくり返したような形をしていることから「琵琶湖の地塊が吹き飛ばされ淡路島になったってほんと?」とここ数日話題となっている淡路島。真意の程は!? 淡路島について調べてみました。

世界で最初に生まれた「淡路島」

「古事記」や「日本書紀」で今に伝わる “国生みの神話”。

イザナギ、イザナミが天から大海原を矛でかきまわし、矛から滴った雫が固まって島を形成し、次々と生み出された島が日本であるという内容です。

古事記や日本書紀には、1番最初にできた島が現在の淡路島として「淡路穂狭別島 (あわじのほのさわけのしま)」として登場しています。
参照元:淡路島観光ガイド あわじナビ 淡路島の歴史と神話

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!