あなたのまちにはある!? 1969年に誕生した役所の「すぐやる課」

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_54972007

1969年10月6日に千葉県松戸市の市役所にできた「すぐやる課」。松戸市から広がったこの「すぐやる課」は、当時日本全国に広まりました。

仕掛け人はあの方! すぐできるものはすぐやる「すぐやる課」

1969年の10月6日に発足した千葉県松戸市の「すぐやる課」。

課が設立された目的は “市民の声にすばやく対応し、同時に行政を市民に身近でわかりやすいものにしよう” というもの。

仕掛け人となった当時の市長はマツモトキヨシの創業者でもある松本清氏で、この取り組みは全国300を超える自治体で採用され、課の設立や同じ機能の組み込みが行われたそうです。
参照元:実業之日本社/地方自治体に営業に行こう ビジネスチャンスはこんなに身近に

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!