東京の「農」を売る!三鷹の農園で学ぶ課題と魅力

20161001-dsc_0535

「ふるさとを、もう一つ創ろう」をコンセプトに掲げ、「食」と「農」をテーマにした連続講座を開催している第二ふるさと大学。

講座の第4回目は、実際に農業体験が開催されました。

東京の農業を体験・学ぶ

20161001-dsc_0522

農業体験の場となったのは、東京・三鷹市にある「三鷹オーガニック農園」です。

東京都内の農園としては珍しく、有機農業や自然栽培を行う農園です。

講師は、農園コーディネーターの金子晃さん。

農業体験と、東京での農業を聞く時間となりました。

東京での農業支援は珍しい

三鷹市の真ん中に広大な農園が広がります

三鷹市の真ん中に広大な農園が広がります

金子さんは、新規就農者への講座なども行い、農業の担い手育成にも力を入れられています。

しかしまだまだ課題が多いのだそうです。

新規就農を希望する方はいるが、東京での新規就農はなかなか実現しにくい。

ここで学んだ上で、地方で就農するような取り組みがあっても良いかもしれません。

そこで第二ふるさと大学のように、地方での新規就農支援の取り組みには期待しているといいます。

閉鎖的だからこそ新しい取り組みで刺激を

金子さん自身も、他業種での経験を活かし、体験観光型のウェブサイトから集客を行うなど、様々なことを挑戦されています。

その背景には、まだまだ農家は閉鎖的だという現実があります。

新しいことをやりながら、協力者を増やしていくということを目指しているのだそうです。

続きを読む
1 / 3

関連記事一覧