10月1日は「日本酒の日」。酒米のシェアNo.1ブランドを生産しているのはどの都道府県?

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_223746412

10月1日は「日本酒の日」。日本酒造組合中央会では、10月1日に乾杯した写真を投稿すると日本酒ががあたる「全国一斉 日本酒で乾杯!」というイベントを開催。日本酒には欠かせない「酒米」について調べてみました。

1978年から始まった「日本酒の日」

日本酒の日が制定されたのは1978年。新米の酒造りが始まるのが10月であること、酒造年度が10月1日から始まることなどからこの日に制定されたそうです。
参照元:一般社団法人 日本記念日協会

日本酒の美味しさや楽しさを味わってもらおうと、日本酒造組合中央会では10月1日に「全国一斉 日本酒で乾杯!」イベントを開催。10月1日の0:00〜24:00の間に乾杯写真を公式サイトやSNSサイトに投稿すると抽選で500名に日本酒が贈られます。

KANPAI 全国一斉 日本で乾杯! 公式サイト

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!