移住希望者が増える日本の秘境!高知の嶺北地域が人気の3つの理由とは?

70868c5dcf7f321ff40ef261b9626d96

高知県山間部に、「苓北(れいほく)」と呼ばれる地区があります。

苓北(れいほく)は、高知県大豊町、本山町、土佐町、大川村の4町村から成り立っており、地域の約9割が森林。

宅地面積は0.4%という山村地域です。

ここでは例年移住者が増えており、調べによれば毎年30〜40世帯が移住しています。

苓北地域の移住支援団体の中心となっているのは「NPO法人れいほく田舎暮らしネットワーク」。

なぜ今苓北地域が移住先として選ばれるのか、代表の川村幸司さんにお話を伺いました。

移住者による、移住者のための移住支援団体「NPOれいほく田舎暮らしネットワーク」

reihoku

川村さんはもともと高知県土佐町の出身。

県外の大学卒業後、京都で生活をしていましたが、子供が生まれたことをきっかけに「自然環境の良いところで暮らしたい」と思い立ち2006年に土佐町へUターンをしました。

移住してから5年近くはボランティアとしてNPO法人れいほく田舎暮らしネットワークに関わっていた川村さん。

最初は地域に自営業の方が多いことから、空き家案内をされていたそうです。

その後、県からの助成金が出ることが決まり、今では本格的な事業として移住支援を行っていらっしゃいます。

ご自身もUターン経験のある川村さんに、苓北地域が移住先に選ばれる理由を聞きました。

続きを読む
1 / 3

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧