【蒜山を支える3つの白】蒜山大根なんで美味しいの?

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

IMG 1098

蒜山には3つの”白”、3白(さんぱく)と呼ばれる産業がある。

その産業とは、牛乳の白、お米の白、大根の白の白い農産物の色をとって3白と呼ばれている。

昔から3つ白い農産物が蒜山を支えてきた産業だったのだ。

そのうちの一つ大根。この大根は「蒜山大根」のブランドで知られている。

なんで蒜山で大根が産地に?

IMG 1076

とはいえ、産地の蒜山大根の歴史はまだ新しい。

蒜山の道の駅のウェブサイトにはこうある。

戦争後に“みの早大根”を作ってみたところ、大変好評でその後多くの生産者が生まれ、昭和39年(1964年)には農林省が、当時の蒜山三村(川上・八束・中和)を、大根の指定産地に公認したことから蒜山大根のブランド化となりました。
この蒜山大根は品種が蒜山大根ではなく、産地の名を冠したブランドとなっています。

道の駅 風の道

産地としては比較的新しい蒜山大根。

新しい産地なら他の地域に無い良いものができている証拠だ。

運良く取材中に蒜山大根を収穫している農家さんがいらっしゃったので話を伺った。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。