篠原久仁子(野菜ジャーナリスト)-売れる野菜づくりの3つのポイント

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

20160511-DSC_1017

世界でただ1つの肩書「野菜ジャーナリスト」を掲げて活動しているのが、篠原久仁子さんです。

野菜や果物を軸に、地域の農産物の魅力を伝える専門家です。

話す、書く、企画するということを主領域に、野菜や果物の魅力を伝え続けています。

自分を媒介して生産者の声を届ける

全国各地を飛び回りながら、生産者に会い、その言葉と農産物の魅力を発信されている篠原さん。

「人と地域に興味があるんです」との言葉通り、徹底的に現場にこだわります。

そんな篠原さんに、売れる野菜の3つのポイントをうかがいました。

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

ローカルジャーナリスト。2017年みずからも地方に移住。東京と地方を旅しながら、地方のリアルを伝えるウェブメディアMACHI LOG運営。毎日記事を投稿しています。




PR for 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構

月刊ソトコトの表紙になりました。あなたの「好き」を活かして、地域の課題を解決しませんか?

地域の課題をビジネスで解決する新メンバー募集
月刊ソトコトの表紙を飾った宮崎県新富町は、地域の課題をビジネスで解決するソーシャルビジネスの新天地!あなたのスキルと経験を活かして地域の課題を一緒に解決しませんか?