大自然をドローン×VRで遊び倒す−秋田/仙北

shutterstock_359803616

ドローンを徹底的に、観光活用。

平成27年8月28日、国家戦略特別区域として秋田県仙北市が第2次指定されました。そして、仙北市では5つの事業が認定されました。

その中の1つが、ドローンと関わる「特定実験試験局制度に関する特例」です。
□参考:内閣府地方創生推進事務局

秋田の大自然をドローン×VRで遊び倒す

秋田県の東側にある仙北市は、「ドローン」を活用した観光情報の発信と地域振興につなげる実証実験を行っています。

4月の提携後は、今月5日まで開かれていた同市角館町の桜まつりの様子などをドローンで撮影。同社のソフトウエア経由で、市内の観光拠点に配置したタブレット5台で閲覧できるようにしている。今後は、360度撮影できるカメラも活用し、ネットなどで配信する映像を増やしていく。

□出典:河北新報オンラインニュース

もちろん、このような地域からの情報発信も大切です。ただ、それだけではもったいない。

田沢湖抱返り渓谷を有する、広大で豊かな自然を最大限に活用したドローン観光について、先日友人と話をしました。

どうせなら、世界から観光客を呼び込めるぐらい、もっと凄いことにも挑戦してほしいです。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧