茨城県境町が、ふるさと納税で、熊本県を支援。

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

スクリーンショット 2016-04-17 17.56.15ふるさとチョイスのスクリーンショット

続々と立ち上がってきている、熊本県への支援。

筆者もふるさと納税のプラットフォームとして有名な「ふるさとチョイス」で、熊本県を支援しようとした所、なんとトップページに「茨城県境町による熊本県支援 ふるさと納税申込みフォーム」なるものを発見し驚いた。

茨城県境町が、熊本県の寄付の受け入れを代行!?

ふるさとチョイスのWebサイトによると

「平成28年熊本地震」の被害を受けた熊本県を支援するために、「茨城県境町」を窓口とする災害支援寄附の受付を開始します。本申込みフォームから茨城県境町へ頂いた寄附は、茨城県境町から熊本県に送付されます。茨城県境町への寄附は、ふるさと納税の対象になります。(寄附金受領証明書は茨城県境町が発行します。)

なんと、茨城県境町への寄付が、熊本県に送付されるという。
これぞ、地域連携。今までに聞いたことがないが、茨城県境町には、感動すら覚える。

しかも、2016年4月16日(土)14時27分に動き出しており、茨城県境町の決断力の速さと、ふるさとチョイスの連動性の素晴らしさが伺える。

物から、想いのふるさと納税へ


ふるさと納税は、効果的に地方に税金が流れる仕組みである一方で、高額な返礼品などのやりとりなどで、その在り方を昨今疑問視されてきた。

しかし、今回のように、自治体同志が助け合うツールとして、まだまだ効果的な使い方があるのではないだろうか。

ふるさと納税先を考え中の方は、ふるさとチョイスから茨城県境町を選んでみてはどうだろうか?茨城県境町による熊本県支援 ふるさと納税申込みフォーム

さとふるでは、南阿蘇村への直接支援も可能
平成28年熊本地震災害緊急支援募金

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!