前年度比約2.3倍!佐賀県上峰町の予算案の背景とは?

オカダタクヤ


地域コーディネーター

shutterstock_304697132 (1)

「ふるさと納税」に力を入れている自治体として知られる上峰町が2016年度一般会計当初予算案を発表しました。

その額は、総額約85億円。

前年度当初比約2.3倍になった背景とは何なのでしょうか。

ふるさと納税が好調!

shutterstock_210295225

この予算案は過去最高額となるもので、歳入のうち、ふるさと納税の寄付金を2015年度当初予算の1000から、210万倍にあたる21億円と見込んだため、巨額の予算となりました。

上峰町は、2015年9月にふるさと納税のポータルサイトに登録後、佐賀牛や地元米など計63点の返礼品をアピールし続けています。

その結果、2015年度は、申し込み数約9万件、寄付金額約20億円を集めるまでに急伸しました。

使い道は寄付者が選定

上峰町は、寄付金を専用の基金に積み立てており、寄付者が選んだ4つの分野に基づいて活用されています。

医療費助成や、教育サポートが実際に動き出すなど、成果も見え始めています。

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、help@machi-log.net までご連絡ください。