うげうげ!よさこい祭りに参加しました | 高知県

よさこい祭りに参加しました。
私は今回、実家のある神戸から車で淡路島を通って四国・高知へ往復8時間、日帰りでのよさこい弾丸ツアーでした。

20140809yosakoi12

よさこい祭りは毎年8月9日(前夜祭)10日、11日(本番2日)、12日(後夜祭・全国大会)の4日間、高知市内9カ 所の競演場・7ヶ所の演舞場で約200チーム、約19,000人の鳴子を持った踊り子が工夫を凝らし、地方車には華やかな飾り付けをして市内を 乱舞する土佐のカーニバルである。(よさこい祭り公式Web Siteより抜粋)

今年は四国・関西を縦断した台風11号の影響により、前夜祭を中止し、本番の開催も危ぶまれましたが、無事に開催されました。
それもそのはず、高知県民にとっては一年で一番アツい日、過去にも本祭全てが中止になったことはないらしいです。
1954年からから毎年開催されており、今年で61回目の祭りです。

各チーム、衣装、踊り、音楽、地方車(じかたしゃ)、鳴子など独特で見ているものも飽きません。

20140809yosakoi03

20140809yosakoi04

20140809yosakoi05

私が参加した「うげうげ王国」は、「うげる」=「歓待する」という土佐弁に由来した団体で、県外と県内が約半々の経済人が集まった混合チームです。

20140809yosakoi02

衣装や踊りもオーソドックスなものなので、私みたいにほとんど練習をしていない人でも踊れます。踊りを見ている観客も飛び入り参加したりします。
20140809yosakoi09

踊りは昼前から夜遅くまで、市内で場所を変え踊り続けます。

高知駅前では、武市半平太(左)、坂本龍馬(中)、中岡慎太郎(右)の像が立っている広場で踊ります。
20140809yosakoi07
中央広場では舞台上で踊ります。
20140809yosakoi08
一番の繁華街、帯屋町演舞場はアーケードの中を踊ります。地方車の音楽が響き、多くの観客がいて、大変盛り上がります。
20140809yosakoi06
そして高知城に通じる追手筋は本部の競演場になっており、ここで受賞したチームが後夜祭の全国大会に出場することができます。
20140809yosakoi11

高知県で始まったよさこい祭りは、1992年に北海道札幌市で開催された「YOSAKOIソーラン祭り」を皮切りに、全国に広がっていったそうです。「原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい」なども有名です。
これを受けて、本場高知でも、後夜祭に各県代表と、地元の受賞チームを加えた全33チームが参加する「よさこい全国大会」が開催されます。

見るもよし、踊るもよしのよさこい祭り。どうせなら見るだけでなく、参加してはいかがでしょうか。
来年も8月9日に行われます。

20140812yosakoi01

関連記事一覧