ポスターで見る日本の観光! 「第64回日本観光ポスターコンクール」オンライン投票によるキャンペーンは3月7日まで

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_228927976

今年で64回目を迎える「日本観光ポスターコンクール」。全国から203点の応募があった今年のコンクールは、現在オンラインでの一般投票が現在行われています。

昭和22年より開催! 歴史あるコンクール「日本観光ポスターコンクール」

shutterstock_230107657

「日本観光ポスターコンクール」の初めての開催は昭和22年。国内唯一の全国的レベルで長い歴史あるコンクールで、平成27年度は64回目を迎えました。

昨年のグランプリに輝いたのは石川県金沢市経済局営業戦略プロモーション推進課の「金沢点描」。応募総数197作品の中から賞を受賞しました。

今年は全国各地から昨年を上回る203点の応募があり、一次審査を突破したのは48作品。

投票で地域の名産品が当たるオンライン投票

スクリーンショット 2016-02-26 13.42.30画像出典:スクリーンショット画像 第64回日本観光ポスターコンクール

「表現性」「誘客性」「地域性」「社会性」の4つの視点から審査されるポスターは、一次審査を通過した後、オンラインでの一般投票へと進み、審査員による審査を経て「国土交通大臣賞」「総務大臣賞」「観光庁長官賞」などの賞が決定されます

平成24年度の61回開催よりオンライン投票を導入し、64回目を迎えた日本観光ポスターコンクール。

今年一次審査を通過した48作品の中から3つを選んで投票できるオンライン投票では、松坂牛やふぐちりなど1万円相当の賞品があたるキャンペーンも同時開催されています。

オンラインでの一般投票は3月7日12:00まで

特設サイトからは、昨年賞を受賞した作品なども閲覧できます。今年のオンライン投票は3月7日12:00まで。結果は4月に発表される予定です。
第64回 日本観光ポスターコンクール

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!