「世界のお茶の専門店Y’s tea(ワイズティー)」紅茶の消費量1位を誇る栃木県

shutterstock_157206440

日本人はどれくらい紅茶を飲んでいるのか。

そんな値に注目した統計があります。

それが紅茶消費量ランキングです。

これによると、1世帯あたり全国平均は225グラムとなっており、最も消費量が多いのは栃木県の426グラムだという結果がでています。

紅茶は都市型文化?

紅茶消費量ランキングは、2位が埼玉県、3位が神奈川県、4位が愛知県と続きます。

紅茶といえば優雅な英国文化を連想しますが、そのイメージ通り都市型の飲み物だと言えるかもしれません。

栃木県で訪れたい「世界の紅茶専門店」

shutterstock_299205356

なぜ栃木県が消費量ナンバーワンなのか。

もしかするとこのお店のせいかもしれません。

「世界のお茶の専門店 Y’s tea」(ワイズティー)です。

「紅茶で人と地域を元気に」を掲げ、世界で1つだけのオリジナルブレンド紅茶をはじめ、様々な紅茶が販売するお店です。

訪れた人の好みを聞いた上で、最適な紅茶を選定してくれるサービスを行っており、紅茶好きにはたまらないお店となっています。

紅茶好きなら一度は訪れてみたいですね。

アクセス

世界のお茶の専門店 Y’s tea[Google Map]

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧