• HOME
  • 移住
  • 秋田県
  • 新国立競技場の設計者、建築家の隈研吾さんが手掛ける施設が秋田にできる

新国立競技場の設計者、建築家の隈研吾さんが手掛ける施設が秋田にできる

shutterstock_195303779

白紙となっていた、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムである新国立競技場。

ついに、そのデザイン案と設計・施工業者が決まりました。

実は、その中の1人、建築家の隈研吾さんと秋田県には繋がりがあるのです。

新国立競技場の設計者、建築家の隈研吾さんが手掛ける施設が秋田にできる

スクリーンショット 2015-12-23 11.27.27□出典:基本構想及び基本計画(秋田県鹿角市)

今回、新国立競技場の建設計画として採用されたのは、大成建設・梓設計・建築家の隈研吾さんが手掛けたA案です。

その隈研吾さんが、秋田県鹿角市で現在計画中の施設の設計をされているのです。

A案を手掛けた隈さんは、鹿角市が同市十和田大湯に建設を計画している観光拠点施設・湯の駅おおゆ(仮称)の設計を担う。設計者が決定した22日、鹿角の観光関係者らからは「(隈さんの手による)湯の駅おおゆの建物も注目されるはず。観光の再生に弾みがつく」などと期待する声が相次いだ。

□出典:さきがけonTheWeb

待ちの姿勢では多くを期待できませんが、積極的に行動を起こせば、誘客のきっかけにすることができるかもしれませんね。

きちんとインタビューや対談を行って、建物や地域の魅力を発信すれば、多くの方の目に止まり、話題になるかもしれません。

関連記事一覧